疾患解説

HOME» 疾患解説 »つわり(妊娠悪阻)

疾患解説

つわり(妊娠悪阻)


妊娠初期の悪心、嘔吐、いわゆる“つわり”は精神的ストレスなどが誘因すると言われていますが、原因はよくわかっていせん。

3〜4kgの体重減少ではほとんど問題ありません。ただし、重篤な体重減少をきたし水分もとれなくなると妊娠悪阻といわれます。

脱水がひどくなると血液が濃縮して大腿深部の静脈血栓症を発症したり、胎盤への血流も流れにくくなり胎児にとっても不都合な環境になります。

ビタミンB1の不足による母体の脳症や、葉酸不足による胎児の神経系の発達障害をきたすこともあるので、絶食状態が続く時は点滴で補う必要があります。

多くの方は妊娠15週頃には改善しますが、妊娠後期まで続く方もおられます。